全国の懐かしい町並みを見て歩いてかれこれ30年近くになりました。 その時の街並み紀行とあわせて、主に余り著名でないB級以下の建物やバスをはじめとした懐かしい車たちを色々な角度から見た画像なども紹介したいと思っています。 建物の模型等を作られる方の参考になればブログ主としては大変幸せに思います。

2019年6月17日月曜日

須田町の老舗と古い建物

神田須田町付近は戦災でも被災を免れたことから、今でも懐かしい建物が残っています。
そして、この付近は老舗の料理店が多いことから往時の姿の建物でおいしい食事もいただけます。

18.6.1 千代田区 神田須田町

こちらはあんこう鍋で有名ないせ源さん。
創業は1830年。
現在の建物では1932年築のものだそうです。
都内では唯一のあんこう鍋専門店です。
内部の佇まいも素晴らしく、料理はそれぞれの場所で調理をしてくれます。

18.6.11 千代田区 神田須田町

こちらは夜の雰囲気です。

18.6.11 千代田区 神田須田町

味わい深いコーナー部の意匠です。

18.6.11 千代田区 神田須田町

こちらはいせ源のすぐそばにあるぼたん。
こちらはすき焼き専門店です。
創業は1897年ぐらいで、現建物は1929年築です。

18.6.11 千代田区 神田須田町

懐かしい料亭の香りも感じさせます。

18.6.1 千代田区 神田須田町

こちらはいせ源の向かいに建つ『竹むら』さん。
こちらも古く、1930年築の建物です。
創業も同時とのことです。

18.6.1 千代田区 神田須田町

その他にもこのような建物も並んでいます。
東京の昭和タイムスリップには格好の場所です。

2019年6月14日金曜日

失われつつある神保町の風景

神田神保町と言えば古書店が建ち並ぶ街として有名です。
しかし近年は古書店が次々と閉店、建て替えが進んでいます。

18.10.22 千代田区 神田神保町

こちらは書店ではありませんが、建て替え時にファザード保存をした文房堂。

18.10.22 千代田区 神田神保町

懐かしい建物を残す一誠堂書店。
学生時代からたまにお買い物をしています。
末永く営業してもらいたいものです。

2019年6月4日火曜日

田沼の相田医院

東武佐野線に乗っていたら、三階建ての洋館が目に入りました。
その時は車窓から目で追いかけただけに終わりました。

90.12.2 栃木県 田沼

その気になる洋館を見に、改めて訪問して撮影したのがこちらです。

90.12.2 栃木県 田沼

この種の病院建築は良く見かけますが、大概は二階建ての建築で、相田医院のような三階建ては珍しい部類でしょう。

90.12.2 栃木県 田沼

ブロックに囲まれて一階部分が良く見えないのが残念です。

90.12.2 栃木県 田沼

少し上から見たカットです。

90.12.2 栃木県 田沼

一階部分を見ます。

2019年5月27日月曜日

木更津の薬局

房総半島のバスを巡った時に出会った建物から、木更津で見た薬屋さんです。

87.12.18 千葉県 木更津

この建物、すでに建築雑誌で存在を知っていましたが、実際に見たインパクトは結構大きかったです。
てんこ盛りの装飾です。


87.12.18 千葉県 木更津

そのディテールをアップで。

87.12.18 千葉県 木更津

押し出しの強いデザインです。

87.12.18 千葉県 木更津


2019年5月20日月曜日

川桁の消防屯所

沼尻鉄道沿線で見つけた消防屯所を製作した作品がかなり昔ですが、TMS誌で紹介されたことがありました。
その建物が現役で残っているかどうかはわかりませんでしたが、気になって行ったことがあります。

96.5.3 福島県 川桁

目的の建物には出会えませんでしたが、似たような屯所には出会えました。
この地方では似たような屯所が結構多かったのかもしれません。

2019年5月12日日曜日

給油所とコンビニに化けた名建築

4月の関西イベントで前夜祭会場に向かって偶然遭遇した建築。
実は有名な建物でした。

19.4.20 堺筋本町

こちらがその全景です。
建物は大正時代の大正13年建築の明治屋大阪支店ビルで、曾禰中條設計事務所の作品です。
当時の繁華街・堺筋に面して建てられた当時としては高層建築物です。

19.4.19 堺筋本町

裏側はこんな感じです。
屋上には塔屋があります。


19.4.19 堺筋本町

はがされた明治屋ロゴがちょっと寂しい・・・。
ちなみに給油所というのは、実は居酒屋なのでした。


2019年5月4日土曜日

三峯神社へ

令和になった翌日、三峯神社に行ってきました。


19.5.2 三峰口

行きがけに三峰口駅に立ち寄りました。
雰囲気は以前と変わっていません。

19.5.2 三峯神社

到着しました。
鳥居の形が変わっています。
狛犬でなく狼が鎮座してるのも特徴だそうです。

19.5.2 三峯神社

山門に来ました。
標高も1000mを越えてなかなか荘厳な雰囲気です。

19.5.2 三峯神社

朝も早かったこともあって、比較的すいていました。



改元したことを実感させます。



御朱印もいただきました。


19.5.2 三峯神社

19.5.2 大滝

新緑もまばゆく、良いリフレッシュになりました。

2019年5月3日金曜日

昭和な建物たち~福島県・保原

福島県の保原は福島盆地のはずれの方にある街です。
かつては路面電車が福島駅とここを接点に梁川、掛田へと延びる結節点でした。

18.9.3 福島県 保原

ここがかつて路面電車が走っていた通りで、右の建物が元の保原駅です。
左手のお店は今も『駅前食堂』を名乗っています。

18.9.3 福島県 保原

何の変哲の無い建物ですが、戦後の昭和の雰囲気を感じさせます。

18.9.3 福島県 保原

その隣の建物は雑居ビルのようです。
18.9.3 福島県 保原

この直線的なデザインは昭和30年代から全国的に見られたデザインですね。
以前はフィルムの無駄(死語ですね)と撮りませんでしたが、そんなことは行っていられない状況になりつつあります。

2019年4月30日火曜日

上海 外灘のビル群

上海の外灘(わいたん)は懐かしい建物が並ぶ魅力的な光景が今も展開しています。

17.11.1 上海 外灘

夜の風景もライトアップされて美しいです。

17.11.1 上海 外灘

ビルの多くは租界時代からの古い建物です。


17.12.13 上海 外灘

古い建物が並ぶ通りの間からは対岸の新しい街を象徴するタワーが見えます。

17.12.13 上海 外灘

17.12.13 上海 外灘

こちらは百貨店建築。
昔日本でも見たことがありそうな建物です。


17.12.13 上海 外灘

17.12.13 上海 外灘

ヨーロッパ的な建物と中国の世界が融合した一種独特の街並み。
夜の風景はその印象をより強くさせます。

2019年4月21日日曜日

海野宿

18.12.20 長野県 本海野

長野県東御市にある本海野は、北国街道の宿場町として栄え、現在も約100棟の家々が連なる懐かしい宿場町です。
古い街並みを保存している多くの場所よりも俗化しておらず落ち着いた気持ちで歩くことが出来るので、機会を見つけては訪問をしています。


18.12.20 長野県 本海野

街の入り口にある白烏神社は味わいのある風情を残していて、行くたびに癒されます。

18.12.20 長野県 本海野

街並みの中央部に水路があり、かつては様々な用途に使われたものと思われる痕跡があります。

18.12.20 長野県 本海野

美しい街並みは『日本の道百選』にも選定されています。

18.12.20 長野県 本海野

18.12.20 長野県 本海野

やはりこの街並みを締めているのはこの水路であろうと思います。
可能ならば宿泊してのんびりしたいところですが、どうも宿泊できそうなところはありません。

2019年4月15日月曜日

立石の飲み屋さん

京成線の立石付近は以前からのん兵衛には有名な場所ですが、再開発の波がじわじわと押し寄せています。




こちらはその時にもらったカレンダーです。
立石の飲み屋さんをスケッチした、良い感じのカレンダーです。


18.12.14 葛飾区 立石

こんな店がいくつもありますが、何時まで持つかわかりません。

18.12.14 葛飾区 立石

鉄道の駅と商店街。
この密接感が良いのですが、程なく鉄道は高架化されます。

18.12.14 葛飾区 立石

ここも最近、半分が壊されました。

18.12.14 葛飾区 立石

入ってみたいけど、一見さんには勇気がいります。

18.12.14 葛飾区 立石
 地元に人の案内で入った、丸忠さん。

18.12.14 葛飾区 立石

向かい側の席の方にOKもらってお店の雰囲気と一緒に撮りました。



供された美味しいおでん。


18.12.14 葛飾区 立石
また行ってみたい、お店でした。