全国の懐かしい町並みを見て歩いてかれこれ30年近くになりました。 その時の街並み紀行とあわせて、主に余り著名でないB級以下の建物やバスをはじめとした懐かしい車たちを色々な角度から見た画像なども紹介したいと思っています。 建物の模型等を作られる方の参考になればブログ主としては大変幸せに思います。

2020年1月17日金曜日

大阪鉄道管理局

大阪の駅前にあった重厚な建物は、国鉄の大阪鉄道管理局の建物です。

90.8.3 大阪

JRになっても利用されていましたが、すでに過去帳入りしています。

2020年1月10日金曜日

高岡の銀行

富山県高岡市内の古い街並みに煉瓦造の銀行建築が残っています。

89.11.26 富山県 高岡

本建物は和風建築が建ち並ぶ旧市街にあって、その存在感はなかなか印象的であります。

89.11.26 富山県 高岡

左側から見た姿です。
銀行の看板の支柱もちょっと魅力的です。


89.11.26 富山県 高岡

こちらは右側から。

89.11.26 富山県 高岡

2020年1月3日金曜日

台湾の新年。

新年の台湾訪問の時の画像からです。



台北の台湾銀行です。

2020年1月1日水曜日

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。






修善寺の正月風景からお届けしました。
それでは本年も弊ブログをよろしくお願いいたします。

2019年12月23日月曜日

東京の看板建築(1)

東京の下町を中心に多く建てられた看板建築についてシリーズでご紹介してゆきたいと思います。
看板建築の由来については既に多くのところで書かれていますので、あえて説明の必要はないかと思います。
ここで紹介するのは関東大震災後に建てられた比較的装飾などに凝った建物を中心にして、戦災以降に建てられた比較的簡易なデザインのものは省きたいと思います。

91.5.17 中央区 築地

 第1回目は築地の看板建築です。
こちらは呉服店です。


91.5.17 築地

こちらは交差点の角にある精肉屋さん。
総三階建ての外観は看板建築の中でも立派な部類でしょう。
こちらは今も盛業中だと思います。

91.5.17 中央区 築地

聖路加病院のそばの角地にある看板建築。


2019年12月16日月曜日

君の名は。のロケ地へ。

映画『君の名は』で主人公瀧くんがバイトをしていたレストランのモデルになったお店に行ってきました。



新宿御苑に面したお洒落な建物の一階にありました。



メニューを掲げる案内もお洒落です。



店内の様子です。
二階にも席があるように見えますが、床板は無くダミーのようです。
贅沢な造りと言えましょう。



新宿御苑に面した窓側はやはり特等席。




運よく公園が見える特等席に案内されました。





昼のランチをゆったりと、美味しくいただきました。

2019年12月3日火曜日

横浜の冬

青森県の下北半島に横浜という街があります。
大湊に向かう折には必ず通る場所ですが、陸奥湾からの風が凄く、冬は厳しい気候の場所です。

97.2.19 青森県 横浜

これは、そのような雪の季節の横浜の風景です。
クルマで走っていると時として前の視界が殆どなくなってしまう上に、路面がミラーバーンになっているので、横風で車が勝手には反対車線に飛ばされることもある、運転する身にとっては冬は走りたくない場所です。

97.2.19 青森県 横浜

北海道のようなマンサード型屋根の倉庫。

97.2.20 青森県 横浜

一夜明けた翌日は珍しく、快晴になりました。

97.2.20 青森県 横浜

大湊線の列車も冬場は強風でしばしば運休になります。
交通機関にとっては厳しい場所です。