全国の懐かしい町並みを見て歩いてかれこれ30年近くになりました。 その時の街並み紀行とあわせて、主に余り著名でないB級以下の建物やバスをはじめとした懐かしい車たちを色々な角度から見た画像なども紹介したいと思っています。 建物の模型等を作られる方の参考になればブログ主としては大変幸せに思います。

2014年8月22日金曜日

錦糸町の精工舎

世界的に有名な時計ブランドの『SEIKO』。
そのルーツにあたる精工舎は明治26年に墨田区太平に工場を移転して発展してきました。
関東大震災で全焼、壊滅的な被害を受けた後に建てられたのがこちらの事務所棟です。
こちらの事務所棟には四方に時計塔を持っており、同工場群のランドマークとなっていました。

88.10.14 墨田区 太平

現在は再開発されてオリナスになっています。
こちらの建物の経緯と敷地の見取り図はこちらにあります(⇒明治の時計塔)。


88.10.14 墨田区 太平

時計塔のある事務所棟は機能を新館に移行した後にはセイコー時計資料館として整備されていましたが、工場が閉鎖となり、跡地再開発のために2002年に解体されてしまいました。

88.10.14 墨田区 太平

蔵前橋通りとの交差点にあった交番も懐かしいものでした。


3 件のコメント:

  1. この無人交番懐かし過ぎる!自分が小学生の頃ありました。たまにお巡りさんがいる事もありましたが··向かい側は今はヤマハバイク店ですが昔はお茶のお店があったような気がします。

    返信削除
  2. 匿名さん
    こういうタイプの交番はほんと無くなりましたね。
    私が行ったときはわりとお巡りさんがいて、写真撮りにくかったです。

    返信削除
  3. chitetsuさん、初めまして。
    確かにいる時は写真中々撮れないですよね(笑)
    錦糸町は昔は治安悪かったですからああいう感じでお巡りさんが居てくれるとホッとします。
    今や精工舎も交番も無くなりオリナスが出来てから、太平町も騒々しくなりました。おまけにスカイツリーですからね。精工舎と交番、そして生コン工場の昔が恋しいぐらいです。

    返信削除